フロントミッション5



正式タイトル「FRONT MISSION 5〜Scars of the War〜」。販売元はスクエアエニックス。

ドラマティックシュミレーションRPGという、ジャンルのゲームソフトだ。

このソフトの動作対象機種は「プレイステーション2」。

ホームページを閲覧すると、何と2005年12月の発売だ。定価6800円(税込7140円)であった。

思ったよりも前に発売されたゲームソフトである。

タイトルに「5」という番号があるように、その前に1・2・3・4というタイトルが有ったシリーズ物である。

ストーリーは、世界経済の2分化が進み、大きく「アジア系の連合国(アジア・オセアニア・オーストラリアの共同体)」と「アメリカ系の連合国(南北アメリカ統合体)」に分かれ、戦争を繰り返しているという設定である。

このゲームの主役は、「アメリカ系」の方の軍隊の所属で、他の隊員たちとの絡みありで、ストーリーが展開していくらしい。

このゲームでの見どころは、どうやら「戦争にかこつけた陰謀を暴露すること」ではないかと思われる。

ゲームの舞台が戦場になることで、当然「戦闘」が絡んでくるので、その都度「攻略法」が存在するはずだ。

このゲームソフトが発売される段階で、すでに「攻略本」も発売が予定されていた。

製作者側も、このソフトの攻略は難しいことを最初からわかっていて販売しているわけだ。

そして、現在も「攻略サイト」がネット上で犇めきあっている。

その中身を見ると、なるほど・・、舞台展開が激しく変わるようで無数のステージが存在している。

それぞれに、大技小技が存在するのだろう。

ちょっと、オジサンにはついて行けそうにない・・・。(苦笑)